結晶シリコン太陽光発電技術

太陽光発電電池といいますと、すぐ結晶シリコン太陽能と思いますが、正泰の結晶シリコン太陽能電池ユニットはP型単結晶シリコンや多結晶シリコンと国家で一番先進的な太陽能電池の大規模シリコン生産加工技術、たとえば文理、リンの拡散、端側の分離、リンドープされた酸化物層の除去、表面安定化、反射防止のコーティング、スクリーン印刷技術を採用する金属化など。正泰は太陽能電池の加工技術の改善し続けることに力を注いで、多とえば:ダブルプリンティング、選択性発射機など。

正泰のシリコン技術が特別になる原因なんですか?

正泰は中国で初めて太陽能電池とユニット生産ラインの製造執行システム(MES)を採用する太陽光発電企業です。全部のプロセス情報、設備条件、使用材料は全部ウェハとモジュールレベルに遡ることが出来ます。製品、工芸と設備をコントロールするには、品質を性能的に一番レベルが高いプロセス統計コントロール(SPC)を採用されます。同じパワー範囲と効率では、私たちの結晶は目下の製品より、さらに整理されて、電気の不一致のよって発生される損失を減少できます。また、IVとELテストはパッキングする前と後とも実施され、品質の一致性と安全性を保証します。出荷する前に、ELテストは繰り返って各製品に実施され、製品の品質と製品の安全性を保証します。

ニュースセンター
もっと見る
最新の製品

Available Wattage:
335~355W
もっと見る
工程事例
Veendam Solar Park
場所:
システム容量: 15.5MW もっと見る
産業の展示会
City:    Country: もっと見る

浙公网安备 33010802007407号